空白雑記

暇つぶし

amazarashi 逃避行 歌詞 解釈

地下鉄にへばり付いたガム踏んづけて もう何もかも嫌になった
ああもう全部辞めだ ここにしがみ付いてる価値はない
そもそも前から気に食わなかった イライラすんのは割りにあわない
辛酸舐める日々の逆境 夢が重荷になってりゃ世話ねえ

磨り減ったスニーカーじゃ 雨の日は上手く走れない
磨り減った魂じゃ 辛いとき上手く笑えない

些細なきっかけで 今の生き方が全部嫌になった

こんな生き方するのはもう辞めよう

そもそもずっとイライラしていた

夢のためと言ってこんな人生を生きてりゃ意味ねえよ

こんな生き方をしていても魂がすり減るだけだ

たまらずに人ごみを走った 今思えばあれが始まりだ
押しつぶされた僕の逃避行 上手くいかなけりゃ死んでやるぜ
「死に損なった」って言うより 「生き損なった」ってのが正しい
そんな僕らの長い旅が たった今始まったばかりだ

全部辞めて好きに生きようって思った瞬間

このまま潰されて「生きてない」くらいなら好きに生きてやるって

それでも失敗してどうしようもなくなったら死んでやるって決めた瞬間

たまらなくなって駆け出した、あれこそが俺の人生の始まりだった

 

自由に生きたいと思えば思うほど 向かい風は勢いを増した
結局どこに行ったって 問題はそれなりにあるもんだ
でもそれなら なおさら 僕は僕を選ばなきゃいけない
終わりが訪れた時 後悔しない僕に出会いたい

好きに生きようとするほどに、困難は立ちふさがった

好きに生きようとしたって自由に生きられるわけじゃない

奴隷の生き方と同じか、それ以上に辛いことがある

でも、だからこそ俺は自分らしく生きないといけない

この人生が終わるそのときに、悔いのない生き方をしたい

 

振り切った臆病が 馬脚現せと狙ってる
乗り切った困難は 姿を変えて襲い掛かる
銃弾の雨を掻い潜った これが僕の選んだ戦場
夢や時給や社会体の 奴隷になってる暇はないぜ
「生きながらえた」って言うより 「生かされてる」って方が正しい
そんな僕らの長い旅は 決して孤独なんかじゃなかった

そんな生き方はできないと言う臆病者が、俺の失敗を狙ってる

そんな生き方はさせないと言う邪魔者が、何度も何度も立ちふさがる

そいつらの攻撃を掻い潜った。これこそが俺の選んだ生き方だ

夢とか時給とか社会体なんてものに、縛られて生きる暇は無いぜ

そんな生き方は「生かされてる」だけで生きてない

きちんと生きようとしているのは俺だけじゃないはずだ

 

僕等を走らせるなら きっとなんだっていい
恩義でも逃避でも 世間体でも逆恨みでも
問題は僕らがどこまで行けるかって事
僕らがいつまで戦い続けるかという事

それがきちんと生きる理由になるなら、なんだっていい

動機は、燃料は何でも良いんだ

問題は、いつまで「きちんと生きられる」かっていうこと

自分の生き方を自分で決められるかっていうこと

 

そもそも前から気に食わなかった きっかけなら何でも良かった
あのへばり付いたガム踏んでやろう そいつのせいにしてやろう
僕の場合は逃げ出したいから なのに今も戦っているよ
それでいいだろ

そもそもあれはきっかけですらなかった

もうこんな生き方は辞めて自分らしく生きよう

ずっと前からそう思っていたし自分で決めた

俺はやりたくないことをやる人生なんて嫌だ

だから今は自分らしく生きるために戦っている

それでいいだろ

 

たまらずに人ごみを走った あの日のスピードで行きたいな
掴み取るその理想の重さ 僕らの悔し涙と等価
死に場所を探す逃避行が その実生きる場所に変わった
そんな僕らの長い旅の 先はまだまだ遠いみたいだ Oh Yeah

自分らしく生きると決めた、あの日の思いを持ち続けたい

自分らしく生きるってことが、同じだけの悔し涙を流すとしても

失敗したら死ねばいいって考えが、俺を俺らしい生き方に変えた

あの日始まった俺の人生は、まだまだ続くみたいだ

逃避行

逃避行

  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
千年幸福論 

千年幸福論 

  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード