空白雑記

暇つぶし

クロロとヒソカについて まとめ

クロロヒソカ戦において

 

・共闘をした

これはもう言うまでもない。

 

・栞の厄介な制約とは、「栞で能力を使用すると、栞を外した時に能力は元の持ち主に返還される」

作中で返還されるとき、必ずコンボで能力を使ってるから、「栞とページで能力を同時使用すると栞の能力が返還される」も考えたが、”両手が空くというメリット”に対し”厄介な制約”があると思うので、コンボなしでも返還されると思う。

 

・サンアンドムーンは死後の念なのでこの制約から除外される

クロロは最初の説明時、一度栞を外してもう一度サンアンドムーンを発動してるので。よって長老はいません。死んでます。

 

・共闘に参加したのはシャルとコルの二人

マチが参加したかがキーなのだが、「ヒソカはマチを殺したがったが、作者として止めた」という説明から、「殺されたシャルとコルは共闘してたからその報復で死んだ」とすると、「マチは見届けるために来ていただけで、実は協力してなかった?またはアンテナ回収で協力したかもしれない。でも本心では揺れていた」、しかしヒソカはそれを知らず、共闘で騙し討ちにあったことを悟った瞬間、マチもそれに協力していたと思いこんで殺そうとしたが、作者がマチは報復の対象じゃないよと止めたとすると、マチはあくまで見物で、協力してなかったんじゃないかと思う。思いたい。

 

・ブラックボイスで同時に操れる人数

ブラックボイスで同時に2人まで操れるのかと。しかし、シャルはキメラアント編のペル戦で、「俺さーこういうときに備えてアンテナ2本持ってるんだよね」と言っている。同時に2人操れるならアンテナを2つ持つことは当たり前ではないのか?同時に1人しか操れないのなら、アンテナが破壊された時などに備えて2本持つことが「こういうときに備えて」になるのはわかる。

 

・クロロとヒソカの強さについて

クロロは作中最強クラスの応用力に特化した使い手だ。「栞のテーマ」を開発して今回の作戦をたてるあたり、念能力のスペシャリストと言える。念能力というのは、ブラックボイスやインスタントラヴァーのような操作系が顕著だが、「条件を満たせば強さに関係なく勝ち確定」な能力もある。そのうえで、そのハメ状況を複数の念能力コンボで生み出せるクロロは最強クラスだ。見ただけで真似できるジンは異常すぎるが、イズナビがクラピカに「1本は能力を残しておけ」と助言したように、念能力というのはメモリ以外にも、生涯に開発できる総メモリみたいなものがありそうだが、クロロはそれを完全に無視して集められる。レオルはあくまでインスタントな使い捨てなので、並び立つ能力者はベンジャミンくらいか。(ベンジャミンが受け継いだ能力を複数同時発動できるなら)

 

対するヒソカは、ドッキリテクスチャーに直接的な攻撃力はないので、実質戦闘力はバンジーガムだけになる。しかしこのバンジーガムがあまりにも念能力バトルにおいて最強すぎる。念能力者のバトルというのは、基本的にはオーラの攻防力の高いところを相手の弱いところにぶつけさえすれば勝ちというゲームだ。そして、全身を最大攻防力で覆うことは現実的ではないので、いかに素早く相手の攻撃に対応して攻防力を移動させるかというのが、念能力者の強さのかなり大事なところだ。

 

バンジーガムは、とてもとてもシンプルな能力だ。作中ではっきりと明言されたわけではないが、両手の指と両足の計12箇所からしか出すことが出来なくて、任意のタイミングで伸び縮むことしかできない。だが、このシンプルさ故に、この能力が最強なのだと思う。バンジーガムは数多くある念能力の中で唯一、”念能力以外の力をエネルギーにしている”。それは位置エネルギーだ。バンジーガムを観客につけて引っ張らせて、発動し打ち出したのがそれだ。ヒソカほどの使い手がオーラを込めた物体が、全く予測のつかない方向からいつ飛んでくるかわからない。しかも、シンプル故に大量に仕込めるし、使い手でも見破れないほどの隠で隠せる。相手の死角で伸ばして操作することも自由自在だ。それ以外にも、ガードの上から貼り付けて任意のタイミングで崩すこともできるし、顔の周りに貼り付ければ窒息死もさせられそうだ。とにかくシンプル故に強い。

 

何故皆真似しないのか?ゴムの性質を捨ててガムの性質だけでも相当強いと思うのだが。念能力だとガムみたいな単純かつ攻撃力に転換できるのがオススメ!という教科書があってもおかしくないのに。多分念能力は狙って作れるものではないのだ。クラピカなら鎖しか作れないんだろう。生まれ持った性質や、人生の結果が念能力なんだ。だから、自分であとから栞を追加して調整したクロロは応用力が凄すぎるし、ヒソカは持って生まれた能力が念能力にあいすぎて最強だった。

 

ただ、死後の念で強化され、足に仕込んだ弾力だけで超高速移動したり、マチを拘束して動けなくするほどになった死後ヒソカは更に最強だ。

 

よく最強ランキングみたいなのがあるが、

死後ヒソカ、薔薇後メルエム、ジンが最強3人で、

薔薇前メルエム、ゴンさん、クロロ、生前ヒソカ、イルミがその次のランクだと思う。

ネテロは全盛期はメルエムも押し切れるくらい強かったのだろうけど、単純に攻撃力にオーラを使ってるだけだから、顕著に衰えてしまうタイプの念能力者だった。ヒソカのバンジーガムなら、相手の不意をつけばいいんだが、百式観音では基本的に不意をつけないから。攻防力で上回られると為す術がない。だから会長も自分の衰えを嘆いていたんだろう。というわけで会長(薔薇の時)はヒソカやクロロよりは少し下。